スポーツニュース  2012年10月25日 12:54

■空手 関東大学 優秀選手賞に4人 男子組手9年ぶりの栄冠

 空手の関東大学選手権が10月8日、東京・九段の日本武道館で行われ、本学は男子組手で9年ぶり13度目の優勝を果たした。女子組手は2回戦敗退に終わった。

 男子優秀選手賞に相馬侑(商4=秋田・能代商高)、橋本翼(法4=千葉・柏日体高)、永田大貴(同3=新潟・燕高)、西本亮(同2=宮城・東北工大高)が選ばれた。
 決勝は国士舘大と対戦。先ぽうの相馬が8―5で勝利したが、次ほうの橋本、中堅の永田が連敗した。しかし副将の西本が上段突きで着実に得点を重ね8―6で競り勝ち、大将の比嘉弘輝(商1=沖縄・普天間高)は上段突きや中段突きなど多彩な攻撃を繰り出し8―6で勝利、3―2で優勝を決めた。
 
 清水裕正監督の話 真っ向から堂々と戦う日大の空手ができた。単調に攻めるだけでなく、戦況に応じて冷静に戦えた。11月の全日本大学選手権でも優勝したい。

空手・関東大学.JPG

相馬(左)は上段突きで果敢に攻めた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.