総合ニュース  2012年08月20日 12:38

■学術研究助成金 18研究に証書授与 総長、理事長特別研究も

 2012年度学術研究助成金と総長特別研究、理事長特別研究交付証書の授与式が7月20日、日本大学会館大講堂であった。

 今年度は総合研究(大学の部)16件、一般研究(高校の部)2件の計18件、総長特別研究は2件の、理事長特別研究は4件が対象。
 式辞で大塚兵衛総長は「高度研究を教育に反映し本学の発展に貢献してほしい」と研究者を激励した。
 田中英壽理事長は、理事長特別研究には教職員が共同で取り組む点に触れ「大学としての新たな資産となる。外部研究資金の獲得に向け頑張ってほしい」と述べた。
 受領代表者として生物資源科学部の舛広善和専任講師が「大学の教育、研究が学内外から注目される時代。質的向上に努めたい」とあいさつした。
 授与式後の大講堂には研究内容のパネル展示ブースが設けられ、研究者の情報交換の場となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.