学術ニュース  2012年08月20日 12:20

■生産工など4学部が参加 研究成果パネル展示

 千葉県内の大学や研究機関が研究成果を発表し、企業と共同で新技術の開発や新規事業の展開を目指す千葉エリア産学官連携オープンフォーラムが7月27日、生産工学部津田沼校舎で開かれた。

 本学からは千葉県内にキャンパスのある理工、生産工、松戸歯、薬の4学部が参加、研究成果をパネル展示で発表した。
 講演会では各大学・機関の一押し技術や研究成果を発表。本学は生産工学部の久保田正広教授(機械材料)が代表して講演。航空宇宙関連機器の素材として欠かせないチタン合金の製造コスト抑制技術について語った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.