学術ニュース  2012年06月29日 17:25

■生物資源科 「サメの世界」企画展 剥製や生きたネコザメも

 世界のサメの生態を紹介する企画展「サメの世界」が9月7日まで、生物資源科学部博物館3階で開催されている。

 17種類のサメやエイの剥製が展示されているほか、同学部の下田臨海実験所で捕獲されたネコザメが水槽で飼われている。
 企画展を監修した同学部の朝比奈潔教授(魚類生理学)によると、世界に約400種類いるサメの3割が現在絶滅の危機にひんしているという。人を襲うサメは全体の数種類であることを広く知ってもらう狙いも企画に込められているという。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.