サークルニュース  2012年06月26日 18:04

■芸術 同期演奏システムに評価 卒研で佐藤さん大賞

 動画投稿サイト「ニコニコ動画」が主催するイベント「第2回ニコニコ学会β」で、佐藤直哉さん(大学院芸術学研究科音楽芸術専攻博士前期課程1)の卒業研究がこのほど「研究してみたマッドネス ネットの部」で大賞を受賞した。

 佐藤さんの研究は「自発テンポによる同期演奏システム」。ドラムの打音をマイクでコンピュータに取り込み、打音のテンポの速さを分析。演奏に合わせてコンピュータで再生する曲や映像の再生速度を変えることができる。発表では佐藤さんの演奏に合わせて実際に曲の再生スピードが変化する様子を収めたビデオを披露した。
 佐藤さんが在学中に所属していた軽音楽部で、CD曲に合わせドラムの練習をした時、自分の演奏に合わせて曲の再生スピードを調整できないかと考えたのがきっかけ。ドラムの打点の間の時間を記録し、曲とのズレを計算。演奏の数音符先の到達時間を予測し、曲の再生スピードを調整できるシステムを卒業研究で開発した。大学院に進んだ現在はシステムの応用研究を進めている。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.