スポーツニュース  2012年04月27日 19:28

■レスリングJr.クイーンズ 圧倒的な強さを見せつけ 女子55キロ級村田が優勝

 女子レスリングのジュニアクイーンズカップが4月7日に東京都世田谷区の駒沢体育館で行われ、村田夏南子(文理1=東京・安部学院高)が55キロ級で優勝した。67キロ級の橋本千紘(法2=同)は2位、48キロ級の矢後佑華(文理1=同)は3位だった。

準決勝から登場した村田は動きが固かったが、増田奈千(環太平洋大1)を2-0で下した。浜田千穂(日体大2)との決勝では次々に技を決め大量得点。第1ピリオド7-0、第2ピリオド6-0と、テクニカルフォールの圧勝だった。
 橋本の決勝の相手は土性沙羅(至学館高3)。これまで何度も対戦してきたが、いまだ勝ったことのない強敵だ。高校生離れしたタックルが武器の土性に対し、体を寄せて技を封じようと試合に臨んだ。しかし第1、2ピリオドともそのタックルを基点とした攻撃でポイントを奪われ0-2で敗れた。
 村田の話 次の試合に向け、また気持ちを切り替えて練習に励みたい。
 橋本の話 攻められないまま終わってしまった。次は土性からポイントを奪いたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.