校友・付属校ニュース  2012年01月07日 12:01

■佐野日大中等教育 全校生徒で寄せ書き クリケット日本代表へ送る

 体育の授業にクリケットを取り入れている佐野日大中等教育学校がこのほど、クリケットのワールドカップ予選に出場した女子日本代表チームのために千羽鶴を折り、全校生徒の寄せ書きと共に手渡した。

 バングラデシュで11月14日から行われた予選リーグでチームは全敗し本戦出場はならなかったが、移動の際は寄せ書きと千羽鶴を大切に持ち歩いたという。
 同校には日本代表選手がしばしば指導に訪れており、佐野日大高OBで日本クリケット協会佐野支部副支部長の吉沢章裕さん(42歳、1988年卒)の提案で女子代表の応援を決めた。
 同校生徒会長の吉沢優希さん(4)は「千羽鶴を見て少しでも緊張をほぐしてほしいと思って折った」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.