校友・付属校ニュース  2012年01月07日 10:52

■佐野日大高 理科研究で発表階 授業で浮かんだ疑問テーマ

 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されている佐野日大高は11月15日、理科研究発表会を開催。約900人が聴講した。本学の加藤直人文理学部長、滝戸俊夫理工学部長ら5人が評価委員として出席。

 研究を発表したのは2年生12人。1年次の「スーパー科学」の授業で浮かんだ疑問を各自がテーマとし、週2時間の授業を利用して続けてきた研究成果を披露した。
 今回発表されたのは「プラナリアの条件反射」や「放散虫の分類による指標化の試み」など七つ。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.