スポーツニュース  2012年01月07日 10:13

■レスリング 全日本大学 激戦の60キロ級制す ルーキー池田、粘りの快進撃

 レスリングの全日本大学選手権が11月12、13日に岐阜県中津川市の東美濃ふれあいセンターで行われ、60キロ級で池田智(商1=京都八幡高)が初優勝した。84キロ級の細谷翔太朗(文理2=埼玉・花咲徳栄高)は3位だった。

 池田は準決勝で鈴木康寛(拓大3)を2―1で下すと、鴨居正和(山梨学院大1)との決勝では第3ピリオド残り10秒で鴨居の隙を突いて得点し勝利。国内最激戦階級の同級で、前評判を覆す快進撃を見せた。

粘り強さ見せる
 ○…大会出場が決まったのは試合の3日前。60キロ級に出場予定だった主将の入江清志(経済4∥茨城・鹿島学園高)が膝と腰を負傷し、1年生の池田が抜てきされた。普段は試合の1週間前から調整に入る。今回は突然の起用で急な減量を強いられたが「起用されたからには勝ちたい」と試合に臨んだ。(続きは本紙12月号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.