総合ニュース  2011年12月21日 17:03

■10年度の産学連携の現状 本学特許収入私大2位

 文部科学省は11月30日、2010年度の「大学等における産学連携等実施状況調査」を発表した。

調査対象となった大学は国立86、公立95、私立851の計1032校。
 本学の「特許権実施料収入」は約4380万円で全大学中9位。私大では北里大の約9180万円に次ぐ2位だった。
 特許の実施許諾(ライセンス)の件数などを示す「特許権実施等件数」で本学は09年度の270件から281件に増加し、私大では4年連続でトップをキープした。また、民間企業からの受託研究実績は全大学中6位の161件だった。
 文科省の発表によると、10年度は国公私立を併せた大学全体の「特許権保有状況」は国内外合わせて9396件と前年度比43%の大幅増。これを反映して「特許権実施等件数」は4968件と同10%近い増加。さらに「特許権実施料収入」も同60%以上増加した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.