スポーツニュース  2011年11月29日 19:10

■柔道 全日本学生体重別団体 男子団体で準優勝 優秀選手に広瀬、中川選出

 柔道の全日本学生体重別団体優勝大会が10月29、30日に兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、本学は男子団体で準優勝した。優秀選手6人のうち、本学の広瀬裕一(文理4=国学院大栃木高)と中川裕喜(同3=三重・皇学館高)が選ばれた。

 本学は準決勝で昨年3位の国学院大と対戦。中堅の広瀬が内股を決めるなど5-2で勝利。
 昨年2位の東海大との決勝では、五将の池田賢生(法4=長崎・西陵高)が積極的に攻めたが組み際にはね上げられ内股を決められた。中堅の広瀬は優勢勝ち。三将の中川も試合開始1分半に縦四方固めで一本勝ちしたが、後が続かず2-5で敗退した。
 金野潤監督の話 チームが一体感を持って試合をしていた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.