校友・付属校ニュース  2011年11月25日 18:25

■プロ野球ドラフト会議 武田ら4人プロへ 十亀は西武から1位指名

 プロ野球のドラフト会議が10月27日に東京都内で行われ、宮崎日大高の武田翔太投手(3)がソフトバンクから1位指名された。付属高からのドラフト指名選手は、2006年に長崎日大高の野原将志が阪神、札幌日大高の黒滝将人がロッテに指名されて以来。

 武田は右投げ本格派投手で即戦力として期待される。武田は「まずは1勝を目標に練習に励みたい」と話した。
 JR東日本の十亀剣投手(24歳、09年経済卒)は西武から1位指名、同縞田拓弥内野手(同、04年文理入学)はオリックスから2位指名された。十亀はサイドスローからの最速150キロの速球、縞田は軽快なフットワークの守備が持ち味。10月の都市対抗大会で、JR東日本は2人の活躍などで社会人日本一の栄冠を獲得した。十亀は「早くファンに名前と顔を覚えてもらえるよう精進したい」と話した。
 また、国際関係学部野球部OBで独立リーグに所属する群馬ダイヤモンドペガサスの清水貴之投手(27歳、07年卒)はソフトバンクから育成選手枠で4位指名された。

2011.11.simadatogame.JPG

        縞田(左)と十亀は活躍を誓った

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.