学術ニュース  2011年11月16日 14:34

■工 原発被災の市民を癒やす 70号館で慈善演奏会

 バイオリニストの河村典子さんが10月15日、工学部70号館で、福島第一原発の事故以来放射線のストレスにさらされている郡山市民のためのチャリティーコンサートを開催した。コンサート終了後、付属東北高の生徒ら約80人が約5万7000円の義援金を寄せた。

 河村さんと個人的な知り合いである工学部OBの長沢正義さん(72歳、1962年工卒)が、河村さんが郡山市内の別の場所でチャリティーコンサートを開催することを知り、母校での演奏を依頼、実現した。
 河村さんはピアニストのアレーナ・チェルニーさんとベートーベンのバイオリンソナタなど5曲を演奏した。同高の吹奏楽部部長中島修平さん(2)は「原発事故以来、外に出づらい日が続いているが、コンサートの間はそのことを忘れられた」と話した。


2011.10.charity.jpg
     美しい音色で来場者を魅了した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.