学術ニュース  2011年11月16日 14:11

■千葉エリアで連携フォーラム 理工系3学部が出展

 千葉エリア産学官連携オープンフォーラムが9月16日、千葉県習志野市の千葉工業大学津田沼キャンパスで開かれ、本学は理工、生産工、薬の教員10人がパネル展示などで研究発表した。「未来を創る/震災を超えて-from千葉」と題し環境やエネルギーなど6テーマについて55の研究発表が行われた。

 また、東日本大震災の復興支援技術に関して講演会が開かれ、理工学部の伊澤岬教授(社会交通工学)が震災後の都市復興モデルについて発表。同テーマでは講演した5人の研究を含むパネル展示16件が発表された。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.