学術ニュース  2011年11月08日 20:23

■新3号館など完成 大塚総長ら出席し竣工式

 商学部の砧キャンパス整備事業に伴う新3号館と100周年記念体育館の工事がこのほど完了、9月13日の竣工(しゅんこう)式で大塚吉兵衛総長、田中英壽理事長らによるテープカットが行われた。

 2期に及ぶ同キャンパス整備事業は2006年末から始まり、新1、2号館が2009年に完成している。
 新3号館は地上3階地下1階の鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)で延べ床面積3651・33平方メートル。2階の講堂に車イス用のリフトを設置し、身体障害者の利用に配慮した。
 体育館は地上3階地下1階の鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)で、延べ床面積4827・15平方メートル。トレーニングルームを設置し、学生が運動しやすい環境を整えた。

新校舎P.JPG

バリアフリーを備えた新3号館(左)と体育館

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.