校友・付属校ニュース  2011年11月08日 20:16

■付属豊山高 ゴーヤで被災地支援 緑のカーテンで節電効果も

 環境教育に力を入れ、毎年さまざまな取り組みをしてきた付属豊山高が、ことしは東日本大震災からの復興支援などを兼ね、ゴーヤの苗を販売した。

 中島功同校校長が会長を務める東京都環境教育実践研究会の企画で、同校職員らが福島県南相馬市まで出向き、被災農家から50株を購入。7月21、22日の両日、保護者や生徒に呼びかけ1株300円で販売した。苗の原価を差し引いた150円を寄付金に充てた。購入者がゴーヤを育て、緑のカーテンを作ることで節電効果も期待できる。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.