2011年08月04日 16:31

■理工 高校生向けの化学体験教室 バイオ燃料などテーマ

 理工学部物質応用化学科は7月23日、高校生を対象に化学の楽しさを伝える化学体験教室を同学部駿河台校舎2号館で開催した。

 参加した約40人の高校生は材料化学、環境化学、生命化学の3分野に分かれ実験を行った。環境化学分野では、担当教員が環境汚染物質を排出しないバイオディーゼル燃料は植物油脂からは取れるが、動物油脂からは取れないことを説明した後で、実際に牛脂とサラダ油を使って牛脂からはバイオディーゼル燃料が取れないことを確認した。
 参加した埼玉県立越谷北高校1年生の鈴木奈実さんは「化学はとっつきにくいイメージを持っていたが、楽しく実験ができ興味が湧いた」と話した。

20110820rikou.JPG
化学の面白さを満喫した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.