総合ニュース  2011年07月06日 18:37

■次期総長に大塚教授確定 新執行部9月発足 9年ぶりに投票行われず

 酒井健夫総長の任期満了(8月31日)に伴う次期総長は、歯学部長の大塚吉兵衛教授が唯一の候補者となったため、総長選挙規則に基づき総長候補者推薦委員会の議を経て、同教授の第13代日本大学総長就任が確定した。任期は9月1日から3年間。


 5月17日に行われた第1回総長候補者推薦委員会(委員長=小梛治宣副総長)では委員66人が投票。大塚教授が有効票の3分の2以上を獲得、大塚教授からの同意を得て総長選挙規則第10条に基づき総長候補者に決定した。その後、同規則第9条に基づき同月23日から30日正午まで、総長選挙有資格者の80人以上100人以内の連署による推薦を受け付けたが届け出はなかった。
 6月6日の第2回総長候補者推薦委員会は、大塚教授1人が総長候補者となったことから、同規則第11条に基づき同教授を当選者とすることについて同委員会に諮ったところ、全員一致をもって、同教授を次期総長に決定・確定した。その後、同委員会から総長選挙管理委員会(委員長=大工原孝総務部長)に報告され、8日から公示された。就任承諾の書面は6日に大塚教授から総長選挙管理委員会に提出され、大学に報告された。候補者が1人だったのは2002年の総長選で3選を果たした瀨在幸安第10代総長以来9年ぶり。
 9月10日には理事会が開かれ、新執行部が出そろう。
 【大塚教授の略歴】1944年6月19日、栃木県生まれ。67歳。専攻は口腔(こうくう)生化学。69年歯学部卒業、73年大学院歯学研究科博士課程修了。歯学博士。73年歯学部助手。79年同学部助教授。93年同学部教授。2004年同学部長、同年大学院歯学研究科長。10年総合科学研究所長。現在は社団法人日本私立歯科大学協会副会長などを務める。(年齢は6月20日現在)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.