総合ニュース  2011年07月06日 18:13

■産官学連携知財センター 健康器具などを寄贈 被災者の運動不足解消へ

 本学の産官学連携知財センターは5月13日、携帯トレーニングクッション「座クササイズ」100セットなどを福島県南相馬市に寄贈した。

 座クササイズは医学部付属板橋病院の理学療法士、萩原礼紀さんが開発。座ったり足で踏んだりするだけで筋力を鍛えられるという。東日本大震災の被災者の運動不足解消が期待できる。
 南相馬市役所で行われた贈呈式の後、萩原さんら3人が市内の避難所を回り座クササイズの使い方を説明した。

P⑨.JPG
被災者に座クササイズの使い方を説明

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.