スポーツニュース  2011年06月30日 21:39

■重量挙げ 全日本学生個人 男子62㌔級糸数初V 藤原は105㌔級で3位

 重量挙げの全日本学生個人選手権が5月13日から15日まで大阪府羽曳野市の羽曳野コロセアムで行われ、男子62キロ級の糸数陽一(文理2=沖縄・豊見城高)が初優勝した。同105キロ級の藤原和朋(経済3=秋田・能代工高)は3位。

 糸数はスナッチ2回目の試技で115キロをマーク。3回目に119キロを持ち上げた。クリーン&ジャークは1回目は失敗したが、2回目に大会記録の150キロに成功した。トータル269キロだった。
 藤原はスナッチ1回目で120キロをマークし勢いに乗り、2回目に125キロ、3回目に130キロを記録。クリーン&ジャークは1、2回目とも成功。3回目は172キロを持ち上げ、トータル302キロとした。
 藤原の話 全試技に成功したが、不安定な部分もあるので修正したい。


公式ベスト更新
 ○…糸数にとって今大会は6月末の世界ジュニア選手権の前哨戦。結果はもちろん記録にもこだわりトータルの自己ベスト更新を目標にした。(続きは本紙6月号へ)

2011.6.weight.jpg
クリーン&ジャークで大会記録を出した糸数

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.