スポーツニュース  2011年06月30日 20:25

■応援リーダー 関東選手権 Aチーム小差の4位 Bチームとも日本選手権へ

 チアリーディングの関東選手権が6月4、5の両日、東京都渋谷区の代々木第一体育館で行われ、ディビジョン1(参加34チーム)の本学ディッパーズAチームは4位だった。ディビジョン2(同25チーム)のBチームは2位と健闘。両チームとも8月の日本選手権出場を決めた。

 序盤からスタンツのミスが目立ったAチームは、中盤に息の合ったダンスを披露したが、終盤でトップ4人を乗せる大技の3段ピラミッドを崩し、3位の日女体大に0・5点差の344点にとどまった。Bチームは大きなミスなく演技を終え304点だった。両ディビジョンとも満点は450点。
 主将の野崎愛史(芸術4=東京・目白研心高)は「小差の4位は悔しい。日本選手権では表彰台に立ちたい」と話し、Bチームリーダーの大川真澄(同3=千葉明徳高)は「実力を出し切れた。日本選手権に向けて個々の技術を高めたい」と話した。
 若女井光男監督の話 Aチームは一つ一つの演技に切れがなかった。


2011.6.cheer.JPG
Aチームは大技の3段ピラミッドに挑戦した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.