スポーツニュース  2011年04月14日 20:46

■冬季ユニバーシアード 本学から5人出場

 2年に1度学生世界王者を決めるユニバーシアード冬季競技大会が1月27日から 2月6日までトルコのエルズルムで行われ、日本代表として本学から男女5人が出場した。

 男子は、クロスカントリー(距離)4×10キロリレーに最終走者として出場した吉田悠真(文理2=北海道・和寒高)が、前を行くカザフスタンの選手に迫る滑りを見せたがわずかに及ばず1時間42分35秒04で4位。吉田は距離30キロフリーでは9位だった。渡部弘晃(経済1=札幌日大高)はジャンプノーマルヒル、同ラージヒルに出場、16位、20位に終わった。
 女子は千重彩華(文理2=富山・雄山高)が大回転で25位。安部梨沙が距離15キロフリーで8位。同3×5キロリレーには安部、笠原千裕、早大の本山育未(2)が出場。第2走者までは2位につけたが、最終走者で順位を落とし、43分53秒05で5位だった。
 吉田の話 世界との実力差を痛感した。再来年には一回り大きくなって出場したい。
 安部の話 入賞もでき、楽しみながら滑ることができた。
 笠原の話 リレーでは入賞できたが、個人の成績がふがいなかった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.