スポーツニュース  2011年02月15日 13:33

■スピードスケート 全日本スプリント 羽賀が長島破り初優勝

 スピードスケートの全日本スプリント選手権は昨年12月28、29日に岩手県営スケート場で行われ、男子総合で羽賀亮平(文理4=北海道・白樺学園高)が本学OBの長島圭一郎(28歳、2005年文理卒=日本電産サンキョー)を抑えて初優勝を果たした。

 2日間で500メートルと1000メートルを2レースずつ滑って総合得点を競った。
 羽賀は初日の500メートルで3位。1000メートルは1分13秒51のリンク新記録で優勝。2日目も500メートルで3位、1000メートルで2位と安定した滑りを見せ、総合首位を守った。
(11面に関連記事)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.