スポーツニュース  2011年02月15日 12:53

■フェンシング 全日本 男女フルーレ団体準優勝 男子個人では淡路が3位

 フェンシングの全日本選手権が昨年12月17日から20日まで山口県岩国市の市総合体育館で行われ、本学は男女共にフルーレ団体で2位だった。男子フルーレ個人では淡路卓(法3=宮城・東北工大高)が3位に入った。
 

男子フルーレ団体は決勝で警視庁と対戦。序盤、リードしたが5番手の佐々木慶将(文理2=岩手・一関学院高)が逆転され、最終的に37―45で敗れた。同個人では、淡路が準決勝で福田佑輔(警視庁)に12―15で惜敗した。
 決勝で日女体大と対戦した女子フルーレ団体は、1番手の中野早織(文理2=埼玉栄高)が0―5と先制された後、最後まで追い付けず28―45で敗れた。
 本学フェンシング部卒業生で構成される桜門剣友会の女子サーブルチームは団体で4位だった。
 淡路の話 チーム全体として大舞台での経験が少なかったことが敗因。次は優勝を目指す。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.