サークルニュース  2011年01月08日 11:31

■理工 青木研に最優秀賞 FRP製車体デザインコンペ デザインや加工技術を評価

 強化プラスチック協会主催のFRP自動車車体製作コンペティションが11月25、26日に東京・秋葉原のイベントホールで行われ、理工学部の青木義男教授(安全設計工学)の研究室が製作した小型電気自動車の車体が最優秀賞を受賞した。コンペには、6大学の7チーム(本学生産工学部、東京大、東京工業大、同志社大など)が参加した。

 コンペは、メーカーから提供された同一のFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を使い、FRP加工のノウハウに優れているメーカーの指導を受けるのが条件。製作期間は3カ月で、車体の成形加工や設計技術の完成度を競う。一般参加者の投票と審査員による性能審査で順位が決定した。
 同研究室の車体は、フレーム間のつなぎ目がなく高い剛性を持つモノコックフレームを採用。全体のデザインや成形加工技術が高く評価された。
 同コンペは強化プラスチック協会の創立55周年を記念して行われた。同研究室の電気自動車は、審査委員長やFRP協会会長から好評を博し来年パリで開かれるJEC国際複合材料見本市に展示することも決まった。
 代表の山田康弘さん(大学院理工学研究科精密機械工学専攻博士前期課程1)の話 材料調達だけで1カ月半。製作は大変だったが、納得できるものが作れた。

20101220車.JPG
          小型電気自動車を製作中の学生たち

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.