スポーツニュース  2011年01月08日 10:30

■ハンドボール 全日本学生 26年ぶりの優勝逃す 全日本総合への出場決める

 ハンドボールの全日本学生選手権が11月19日から23日まで大阪市中央体育館などで行われ、本学は早大とともに3位となり、12月の全日本総合大会への出場を決めた。

 3回戦まで順当に勝ち上がった本学は、準決勝で国士舘大と対戦。開始早々に連続得点し、守りでも前半4分から9分まで無失点に抑え、最高の立ち上がりでゲームを支配、16―9で折り返した。しかし後半、攻撃陣が相手ディフェンスに封じ込められ、試合終了残り5秒に同点弾を許し延長戦に突入。その後も相手の勢いを止められず29―32で惜敗。26年ぶり優勝を逃した。優勝は国士舘大。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.