総合ニュース  2010年11月26日 15:11

■―医― 片山教授に国際賞 神経変性疾患の治療法確立

 医学部長の片山容一教授(脳神経外科学)はこのほど、日本脳神経外科学会から斉藤真賞国際賞を受賞した。

 斉藤真賞は同学会の初代会長である斉藤真博士の功績をたたえ2006年に発足。同賞は4分野に区分され、国際賞は国際的な活動により脳神経外科医療の発展に貢献した人に贈られる。
 片山教授は中枢神経の神経細胞が徐々に死んでいく神経変性疾患の治療法を確立したことや海外での学会活動が評価された。体内に電極を入れ脳の働きを調整することで症状を軽減させるという治療法で、薬を使うより副作用が少ない。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.