スポーツニュース  2010年10月26日 09:36

■自転車 全日本大学対抗 男子総合28連覇達成 チームスプリント大会新

 自転車の全日本大学対抗選手権が8月26日から29日まで青森県の八戸自転車競技場などで行われ、本学は9種目中3種目を制し、得点66の総合優勝で28連覇を達成した。

 120周のうち6周ごとに順位を計測し、その合計を競う男子40キロポイントレースで窪木一茂(文理3=福島・石川高)が優勝。同4000メートル個人追い抜きでも決勝で佐々木龍(早大2)を抑え優勝した。同スプリントは古庄豊全(経済3=熊本・千原台高)が、決勝で石口慶多(立命大4)を抑え勝利した。
 古庄、末木浩二(文理1=山梨・甲府工高)、橋本凌甫(経済1=東京・付属豊山高)が出場した男子チームスプリントは予選4位で早大との3位決定戦に臨んだ。本学は1分4秒137の学連新記録(大会新)を出し早大を圧倒した。
 そのほかの結果
▽男子1キロタイムトライアル (4)末木
▽同4000メートル団体追い抜き (4)本学
▽ロードレース (4)榎本剛士(5)高橋将輝
 井上由大監督の話 最後のロードレースで中大を逆転できると思った。4年生の頑張りが優勝を導いた。
 窪木の話 2種目の優勝でチームへ貢献できたと思う。危ぶまれた総合優勝を勝ち取り、28連覇できてうれしい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.