スポーツニュース  2010年10月26日 09:32

■ゴルフ 日本アマ 3人が日本オープン出場へ

 ゴルフの日本アマチュア選手権が7月6日から10日まで愛媛県喜多郡の愛媛ゴルフクラブ(7060ヤード、パー72)で行われ、阿部裕樹(国際関係4∥栃木・佐野日大高)が初優勝した。阿部と3位の大田和桂介(経済4∥茨城・鹿島学園高)、2日目を首位で終えた小袋秀人(法1∥同)は、10月に愛知県で行われるプロツアーの日本オープンへの出場を決めた。

 同選手権は最初の2日間をストロークプレーで36ホール回り、上位32人がトーナメント方式のマッチプレー(18ホール。決勝は36ホール)を行う。
 阿部は初日を4アンダーの2位タイ、2日目を1アンダーの4位タイと好発進し、マッチプレーに駒を進めた。準決勝では高橋勝(東北福祉大4)と対戦。出だしで波に乗れず、7番を終えて3ダウンと離されたが、後半の13、14番で二つ取り返し1ダウン。16番では高橋がОBを出すなどした。18番で決着がつかず延長戦に突入。20ホール目(2番)で阿部がパーセーブし勝利した。
 権藤紘太(山岡カントリークラブ)との決勝では1番を先取。4、6、8番でもポイントを重ね、前半の18ホールで5アップと圧倒。後半21ホール目(3番)にポイントを奪われたが、その後も崩れることなく28ホール目(10番)でパーパットを決め8ホールを残して勝利した。
 阿部の話 自分のイメージ通りのゴルフができた。今後の大会でも優勝を狙いたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.