スポーツニュース  2010年10月26日 09:24

■相撲 東日本学生 敢闘賞に石浦、野口ら4人 日体大下しV45達成


 相撲の東日本学生リーグが9月4、5日に東京・九段の靖国神社境内相撲場で行われ、本学は2年連続45度目の優勝を決めた。全勝した選手に贈られる敢闘賞に石浦将勝(文理3=鳥取城北高)、野口清之(同2=長崎・諫早農高)、遠藤聖大(経済2=石川・金沢学院東高)、芝匠(商1=埼玉栄高)が選ばれた。
 

 6戦全勝で迎えた日体大戦は、先ぽうの中居佑太(文理2=鳥取城北高)が酒井健吾(日体大4)に肩透かしで敗れたが、二陣の石浦が安田竜浩(同)に押し倒しで勝利。六陣戦の遠藤が明月院秀政(同)を寄り切りで下し、優勝を決めた。
 佐久間貴之(経済4=埼玉栄高)主将の話 1、2年生主体で挑んだ大会で優勝できてよかった。全国学生選手権団体連覇に向けて自信になった。
 遠藤の話 敢闘賞は狙っていた。普段からけいこで行っていることを意識してできたのでよかった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.