校友・付属校ニュース  2010年09月22日 20:11

■射撃全日本社会人 10メートルエア、持ち味の精密射撃 松本が3度目の優勝

 射撃の全日本社会人選手権が9月3日から5日まで、広島県安芸太田町のつつがライフル射撃場で行われ、本学OBの松本崇志(2006年法卒=自衛隊体育学校)が男子個人の10メートルエア・ライフル立射(60発 満点600)の本戦で585点を記録し、2年ぶり3度目の優勝を決めた。

 松本は、本戦で的の中心に確実に弾を集め、2位に7点差をつけ1位通過。上位8人が10発(満点109)ずつ撃つ順位決定戦(ファイナル)では、100・7点を出し、2位に5・3点差をつけて逃げ切った。
 松本の話 ここ1年間、なかなか優勝できなかったのでうれしい。得点は満足できないが10月以降の大会に向け流れをつくれた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.