総合ニュース  2010年07月28日 21:17

■商、薬などで新企画 オープンキャンパス始動

 高校生に本学を知ってもらうオープンキャンパスが始まった。7月11日には、生産工学部でことし第1回のオープンキャンパスが開かれた。学科ごとの体験授業や入試相談会などが行われ、計約800人が来場した。

 同学部が2009年から行っている理工系女子生徒のための進学相談会には松井勇学部長も参加し生徒の質問に答えた。
 7月24、25日に開催予定の商学部では、来場者が携帯電話のカメラを使ってキャンパス内の約30カ所に貼り出したQRコードを読み取り授業風景の画像など同学部の情報を見られるようにする。広い敷地を来場者にくまなく見てもらおうと新たに企画した。
 7月31日には薬学部で薬の調合などを教授が指導する体験授業が新たに行われる。その他の学部でも、7月下旬から8月にかけてオープンキャンパスを予定している。


2010.7.opencampus.JPG
    松井生産工学部長も生徒の質問に答えた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.