総合ニュース  2010年07月20日 14:33

■各学部で就職ガイダンス始まる 経済学部752人が参加

 3年生を対象とする就職ガイダンスが各学部で行われている。

 経済学部では第1回就職ガイダンスが6月5日に同学部本館大講堂で行われ、人事採用コンサルタントの渡辺剛氏(47歳、1985年経済卒)が就職活動の流れや対策などについて解説した。渡辺氏は「最近の就職活動は30社の面接を受けてやっと一人前」と厳しい実態を指摘。その上で、一つの業種にこだわらない企業選びが大切だとアドバイスした。
 毎年行われているこのガイダンスには例年1000人以上の学生が参加していたが、ことしの参加者は752人。就職指導課の志村孝義課長は「今回以外にも多くの就職支援プログラムが組まれている。積極的に参加してほしい」と話した。
 工学部は7月3日に、生物資源科学部は同月8、14日にそれぞれ2回目のガイダンスを開く。

2010.6.shuushoku.JPG
            渡辺氏の話を真剣にメモする経済学部生

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.