スポーツニュース  2010年06月30日 18:01

■陸上関東学生対校 砲丸投げで宮内初V ガンドゥも1万メートル初優勝

 陸上の関東学生対校選手権が5月15日から23日まで東京都新宿区の国立競技場などで行われ、男子1万メートルのベンジャミン・ガンドゥ(国際関係2=ケニア・ガル高)と、同砲丸投げの宮内育大(文理2=高知・追手前高)がそれぞれ初優勝した。

 ガンドゥは1万メートル決勝で鎧坂哲哉(明大3)、柏原竜二(東洋大3)ら他大のエース級とトップ集団を形成。5000メートル過ぎに集団を抜け出し28分27秒18でゴールした。同5000メートルでは11位に終わった。
 最終日の砲丸投げに出場した宮内は5投目に16メートル23を記録した。
 ガンドゥの話 初タイトルはうれしいが、記録が良くなかった。
 宮内の話 記録はまずまずだったがファールを4回もしてしまった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.