スポーツニュース  2010年06月30日 17:53

■空手東日本大学 男子組手2年連続準V 女子は2年連続でベスト8

 空手の東日本大学選手権が5月23日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで行われ、男子は組手で2年連続準優勝、女子は組手で2年連続ベスト8に終わった。前田稔(商3∥鹿児島・徳之島高)が優秀選手に選ばれた。

 準決勝で大正大に4|1と快勝した男子は帝京大との決勝で先ぽう、次ほうが敗退。中堅の前田が勝利したが、副将の永田大貴(法1∥新潟・燕高)が反則負けし、2|3で敗れた。
 女子は準々決勝で帝京大と対戦。先ぽうの小池詩織(商4∥長野・松商学園高)が勝利し、中堅の渋谷紗季(同∥山形・南陽高)が4|4で引き分けた後、大将の平井利枝(文理1∥栃木・文星女子高)が完敗した。スコアは1|1の同点となったが、総合得点差で敗れた。
 男子主将の佐藤友哉(同4∥埼玉栄高)は「昨年と同じ結果で悔しい。全日本学生選手権は優勝したい」と話した。女子主将の小池は「帝京大とはあまり差を感じなかった。次に勝負したときは勝ちたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.