スポーツニュース  2010年06月30日 17:48

■体操東日本学生 小泉が鉄棒で初優勝 男子団体4位、女子は7位

 体操の東日本学生選手権が5月14日から16日まで宇都宮市の栃木県体育館で行われ、男子種目別の鉄棒で小泉和照(文理3=大阪・清風高)が初優勝した。小泉はつり輪で3位、個人総合では6位に入った。男子団体総合は4位、女子団体総合は7位。

 小泉は鉄棒で、8日に行われた全日本選手権で初めて成功させた大技であるアドラー1回ひねりから伸身コスミックという連続技を決めた。個人総合ではあん馬で点数を伸ばせず、昨年の大会の3位から順位を落とした。
 男子団体総合はチーム内に故障者が多くいたことが響いた。
 小泉の話 あん馬でミスしてしまったが今大会はリラックスして臨めた。現状を維持できるようにしたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.