サークルニュース  2010年06月25日 17:07

■理工、生産工 鳥人間コンテスト再開 本学から3チームが出場

 日本テレビ系列の民放局が主催する「鳥人間コンテスト」が7月下旬に滋賀県彦根市で2年ぶりに開催されることになり、本学からは理工学部航空研究会(内藤友貴キャプテン=航空宇宙工3)の2チーム、生産工学部津田沼航空研究会(桜井文仁キャプテン=電気電子工3)の1チームが出場することが決まった。

 理工航空研は2部門に参加。人力プロペラ機タイムトライアル部門は1-3年生チームが出場する。昨年夏、製作に着手した「Möwe(メーベ)27」は、機体の安定性を高めるため主翼上面にスポイラーという可動板を取り付けた。最高記録4分37秒の更新を目指す。
 3年ぶりに出場する人力プロペラ機ディスタンス部門には理工航空研4年生チームが「Möwe26」で挑む。以前の機体よりコックピットを小さくし空気抵抗を減らした。目標は限界飛距離の40㌔。パイロットの安威謙さん(航空宇宙工)は「うまくスタートすれば40キロは飛べる」と自信を示している。
 生産工津田沼航空研は滑空機部門に出場。機体名は「零(ぜろ)」。一昨年は風に流され失格となった。今回は「ゼロからのスタート」ということで安定性重視の機体を製作。同種目で準優勝した4年前の252・67㍍の更新が目標だ。

鳥人間コンテスト HP用.JPG
               飛行の模擬実験を行う生産工航空研の学生たち

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.