スポーツニュース  2010年06月14日 16:23

■重量挙げ 全日本選抜 玉城が62キロ級優勝 クリーン&ジャークで逆転

 重量挙げの全日本学生選抜が4月25日、さいたま市総合記念体育館で行われ、男子62キロ級で玉城成一(生物資源科4=沖縄・糸満高)が初優勝を果たした。

 玉城はスナッチで108キロに2度挑んだが失敗し、記録は105キロに終わり5位。クリーン&ジャークでは3回目の試技で143キロを成功させてトータル248キロとし、2位の金城誠丸(金沢学院大2)に4キロの差をつけ逆転優勝した。

 けが乗り越え

○…昨年9月に右ひざの靭帯(じんたい)を断裂。2カ月後に完治したものの筋力はなかなか戻らなかった。苦しんだ末の優勝に玉城は拳を突き上げ喜びを爆発させた。(続きは本紙5月号へ) 

juuryouage.JPG
クリーン&ジャーク143キロを成功させた玉城

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.