スポーツニュース  2010年06月14日 16:15

■空手 関東学生 男子組手で染谷準V 女子組手の平井はベスト8

 空手の関東学生選手権が5月5日に東京・九段の日本武道館で行われ、男子組手で染谷隆嘉(生物資源科3=茨城・東洋大付属牛久高)が準優勝した。同大会で男子組手での準優勝は2002年以来8年ぶり。女子組手では平井利枝(文理1=栃木・文星女子高)がベスト8だった。染谷と平井は優秀選手に選ばれた。

 準決勝で飯村吏毅哉(大正大4)と対戦した染谷は3-3の同点から有効技を決め6-3で制した。国吉真太郎(国士舘大4)との決勝は、連戦の疲れから先制され、その後も得点を許し2-8で敗れた。
 平井は岡本奈菜(帝京大2)と5回戦で対戦。2-3で迎えた終盤に連続ポイントを上げ6-3の逆転勝ちで準々決勝に進出したが、昨年同大会で優勝した小林実希(同3)に終始攻め込まれ0-6で完敗した。
 染谷の話 頑張ってきたことが結果として表れてうれしい。監督やコーチ、仲間が支えてくれたので感謝したい。


karate.JPG
決勝で積極的に攻撃をしかける染谷(右)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.