スポーツニュース  2010年06月07日 21:24

■相 撲 全国選抜大学・社会人対抗 2年連続で団体制す

 相撲の全国選抜大学・社会人対抗九州大会が5月5日に熊本県の益城総合体育館特設相撲場で行われ、本学は団体戦決勝で九州電力を3-0で破り、2年連続9度目の優勝を果たした。個人戦決勝では山口雅弘(文理3=鳥取城北高)が松永昭久(日体大4)をはたき込みで下し、大会初の3連覇を達成した。
 

山口は5月3日に大分県の宇佐市総合運動場相撲場で行われた全国大学選抜相撲宇佐大会の個人戦でも松永を押し倒しで下し優勝。団体戦は日体大に2-3で破れ準優勝だった。
 山口の話 大会が続いたことで疲れもあったが、リラックスして臨めた。次の大会は団体で勝ちたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.