学術ニュース  2010年04月27日 13:59

■芸術 練馬区で特別展開催 歌舞伎衣装の写真を出展

 3月末にオープンした東京都練馬区の「石神井公園ふるさと文化館」の開館を記念する特別展に、芸術学部資料館所蔵の歌舞伎衣装の写真2点が出展された。

 同資料館が出展したのは、昨年9月に同資料館で開かれた展示会「日藝コレクション」で展示された2点。撮影したのはプロカメラマンの田代衛司さん(37歳、1997年度同学部卒)と同学部の田中里実助教(映像芸術)。2人は同学部が大量に所蔵している衣装を高性能カメラで撮影。デジタル画像として保存し、コンピューター上で簡単に検索できるようにするため2005年から撮影に従事してきた。
 特別展は3月28日から5月16日まで開催。練馬区にある博物館や美術館など12館が協力し、それぞれの所蔵品を展示。5月9日には同文化館で同学部写真学科の高橋則英教授(写真史)が資料館所蔵の写真について講演する。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.