総合ニュース  2010年04月01日 17:19

■スキー体育大会 団体は歯が優勝 鈴木、本田が個人総合連覇

2009年度の本学体育大会スキー競技会(橋本一輝実行委員長=理工・土木工3)は2月28日から3月4日まで新潟県の妙高高原スキー場などで行われ、歯学部が3年ぶりに団体総合優勝を果たした。
 

 男子団体総合は2年連続で生産工学部、女子団体総合は5年連続で歯学部が優勝した。
 男子個人総合は大回転を制した鈴木雄太(経済・経済2)、女子個人総合は大回転と回転の2種目を制した本田智美(歯4)がそれぞれ2連覇を果たした。
 大会結果は次の通り
 ▽団体総合 (1)歯 (2)医 (3)松戸歯
 ▽男子団体総合 (1)生産工 (2)歯 (3)医
 ▽女子団体総合 (1)歯 (2)医 (3)文理
 ▽男子個人総合 (1)鈴木雄太 (2)鬼沢行正(生産工・マネジメント工2) (3)松田秀之(同)
 ▽女子個人総合 (1)本田智美 (2)吉野藍(文理・体育3) (3)亀井美岐(法・管理行政4)
 ▽男子アルペン団体総合 (1)生産工 (2)歯 (3)経済
 ▽クロスカントリー(距離)団体 (1)医 (2)生物資源科 (3)生産工

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.