写真ニュース  2010年03月24日 15:10

■第86回箱根駅伝 屈辱の15位 8年ぶりシード落ち

 第86回東京箱根間往復大学駅伝競走は1月2、3の両日、東京・大手町―神奈川・芦ノ湖往復の10区間全217・9キロで行われ、本学は総合15位に終わり8年ぶりにシード権を失った。往路2区のダニエル・ギタウ(国際関係4=ケニア・ガル高)が11人を抜く区間賞の走りで2位に浮上したが、5区で大きく後退、復路での巻き返しもならなかった。前年の出雲、全日本を制したチームがシード権を失うのは初めて。屈辱的な敗北に堀込隆コーチは「ゼロから出直す」と唇をかみしめた。総合優勝は東洋大。
文=池谷 円

 本学は、1区の谷口恭悠(商4=兵庫・報徳学園高)が区間13位と出遅れた。トップ明大と1分59秒差でたすきを受けたダニエルが先行勢を猛追し、1時間7分37秒で自身初の区間賞を獲得、わずかに意地を見せた。ダニエルは区間記録に1分33秒及ばなかった。
 3区5位、4区4位と我慢の走りが続いたが、「山上り」の5区に起用された笹崎慎一(文理3=長野・佐久長聖高)が大ブレーキとなった。3キロ地点で足がけいれんした笹崎は本来の力が発揮できず、本学は1位東洋大と11分23秒差の5時間43分25秒で往路を終えた。
 復路は7区の井上陽介(生物資源科4=北海道・釧路湖陵高)が区間3位の走りを見せたが流れは変わらず、10区の山崎大直(法2=神奈川・藤沢翔陵高)が11時間28分48秒でゴールした。
 堀込隆コーチの話 普段通りの走りをさせられなかった自分たち指導者の責任。現実を受け止めゼロからスタートしたい。

2010.1.ekidenn.JPG
不本意な結果に肩を落とす。前列左から佐藤、笹崎、吉田、丸林(写真=名取 沙季)

日大から世界へ羽ばたけ
 
 ○…大学駅伝のラストランを終えたダニエルは今春、富士通に入社する。いずれはマラソンに転向し、五輪出場を目指す。「大学4年間のレースで大きな失敗はなかった。より自信を持てるよう練習に力を入れたい」と話した。(続きは本紙1・2月合併号へ)

2010.1.daniel.JPG
初の区間賞を獲得したダニエルの力走

「泣くな、笹崎」

 ○…「まだ冷静に自分の走りを分析できていない」。大学駅伝デビュー戦で箱根の山にはねのけられた笹崎が悔しさをにじませた。(続きは本紙1・2月合併号へ)

2010.1.sasazaki.JPG
ゴール直後、倒れ込む笹崎

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.