サークルニュース  2010年02月01日 18:43

■学園祭グランプリ 桜麗祭にグランプリ 地域密着イベント高評価

 首都圏の大学の学園祭ナンバーワンを決める第1回学園祭グランプリで、本学文理学部の桜麗祭がグランプリ、法学部の法桜祭が準グランプリに選ばれた。

 この催しは、飲食系検索サイト「ぐるなび」と東京メトロの共催。エントリーされた首都圏82の学園祭の中から本学がワンツーフィニッシュを決めた。昨年12月9日に行われた表彰式では、桜麗祭実行委に賞金20万円が、法桜祭実行委には同10万円が授与された。
 選考では「楽しさ」「個性」「親近感」「エコ」「地域密着」の5項目を採点。インターネットを通じた一般投票の結果も加味して決定した。
 桜麗祭は、地域の人々との交流を図った「さくら展」や富山県で無農薬栽培した米を使って焼きおにぎりを販売した水嶋一雄教授ゼミの地域密着型イベントなどが評価された。法桜祭はごみを7種類に分別した点や経済学部と合同のフェニックスパレードが街を活気づけたと評価された。
 桜麗祭実行委員の近藤沙紀さん(史3)は「まさかグランプリを取れるとは思わなかった。これからも『地域密着』『手作り』『独自性』の3大理念を掲げ、より良い桜麗祭を作っていきたい」と話した。

2010 1 gakuennsaiguranpri.JPG
受賞を喜ぶ桜麗祭実行委員ら

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.