サークルニュース  2010年02月01日 18:39

■音楽サークルが演奏会開催 日ごろの成果を披露

 音楽系サークル4団体が昨年12月、東京都内で演奏会を開催した。

 管弦楽団(三浦勇団長=理工・建築3)は12月15日、墨田区のすみだトリフォニー大ホールで定期演奏会を開催し、ドイツ人作曲家オッフェンバックの「天国と地獄」、シューベルトの「ザ・グレート」などを演奏した。会場には1000人以上が来場した。
 軽音楽部ハワイアン研究会フラワーレイ(関谷圭介主将=経済・経済3)は21、22日にクリスマスライブを港区のclub Edge六本木で行った。トリを務めた関谷さんと河口玲菜さん(文理・国文2)はマーヴィン・ゲイ&タミー・テイルの「Ain’tNoMountainHighEnough」などをカバーした。
 合唱団(神崎大和代表=商・経営4)は23日、杉並区の杉並公会堂で定期演奏会を行った。4部構成で、団員48人がアンコール曲を含む23曲を合唱し、約700人が訪れた。
 マンドリンクラブ(千野あかね主将=経済・経済4)は26日、千代田区の日本大学カザルスホールで定期演奏会を開催し、ロシア人作曲家チャイコフスキーの「眠れる森の美女より『ワルツ』」をはじめ、葉加瀬太郎作曲の「情熱大陸」など全8曲を3部構成で演奏した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.