スポーツニュース  2010年02月01日 16:12

■ボクシング 全日本 柏崎がライトフライ級で準V スタミナ強化の課題鮮明

 ボクシングの全日本選手権が11月18日から22日まで千葉県鴨川市の総合運動施設文化体育館で行われ、ライトフライ級の柏崎刀翔(経済1=石川・大聖寺実業高)が準優勝した。

 柏崎は決勝まですべて判定勝ちで進み、昨年の優勝者である林田太郎(駒大2)と対戦。1回は足を動かして回り込みアッパーを繰り出すなど積極的に攻めたが、2回中盤から距離を置かれ、スタミナが切れたところでボディを狙われ17-5で敗れた。
 柏崎は「スタミナ切れが敗因。体力をつけていきたい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.