学術ニュース  2010年02月01日 15:39

■文理 東京展開催 91作品を展示

 文理学部は11月17日から26日まで、同学部百周年記念館で第5回「『東京』を観る『東京』を読む」展を開催した。

 後藤範章教授(都市社会学)ゼミの学生が東京をテーマに撮影した写真と同展の趣旨に賛同した毎日、東京両新聞社の掲載写真など91作品が展示された。21日には展示写真をめぐり学生と両新聞社の記者、カメラマンが感想を述べ合った。
 東京農業大の酒びん展示場にいた親子を写した写真をめぐり、学生から「酒と子どもという一見一致しない取り合わせの共演が印象的だ」という意見が出され、撮影したカメラマンは「新たな視点で評価してもらえてうれしい」と話した。

2009 12 tokyotenn.JPG
展示された写真に見入る来場者

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.