サークルニュース  2010年02月01日 14:48

■能研 2年ぶり桜門能開催 「田村」など10演目を上演

 能楽研究会(速見直記会長=経済・経済3)は11月23日、東京都渋谷区の梅若万三郎家能舞台で2年ぶりに桜門能を開催、OBらが賛助出演し「田村」「紅葉狩」など10演目を上演した。

 昨年会長だった木下夕以さん(法・法律4)は「融(とおる)」を演じた。嵯峨天皇の皇子から臣籍降下し、後の嵯峨源氏の始祖となった平安期の貴族源融(みなもとの・とおる)が、旅の僧の夢に現れ昔語りをして月の都へ去るという物語。

2009 12 noukenn.JPG
融を演じる木下さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.