サークルニュース  2010年02月01日 14:44

■ライフセービング 男子リレー大会新 障害物スイムは菊池、清水V

 ライフセービングの神奈川県プール競技選手権が11月8日、神奈川県のさがみはらグリーンプールで行われ、サーフライフセービングクラブ(大石崇文主将=文理・体育3)が男子4×50メートルメドレーリレーで大会新記録の1分36秒32で優勝。男子100メートル障害物スイムでは、菊池光(同1)と清水雄山(経済・産業経営4)が同タイムで制した。

 4×50メートルメドレーリレーは、第1泳者が自由形で、第2泳者は足ひれをつけ、第3泳者がレスキューチューブを肩にかけて泳ぎ、第4泳者は足ひれをつけレスキューチューブを担ぎ、第3泳者をつかまらせ泳ぐ。本学は第2泳者が抜け出し、第3泳者が後続に5メートル以上の差をつけ2位以下に大差でゴールした。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.