サークルニュース  2009年12月24日 19:39

■英語研 総長杯に大森さん 河川の汚染防止を訴える

 英語研究会(古屋光夫委員長=文理・英文3)主催の総長杯・OB杯争奪英語弁論大会が10月24日、日本大学会館601会議室で行われ、大森武蔵さん(同2)が総長杯を、飯塚卓也さん(法・政治経済2)がOB杯を獲得した。

 大森さんは「Whatcanwedofortherivers?」と題し「日本人は水に恵まれているにもかかわらず河川の水質汚濁を真剣に考えていない。もっと河川を大切にし、小さな事でもできることからやるべきだ」と訴えた。
 飯塚さんは「Weshouldnotbedeceivedwitheachmeasure」という題で世界各国の環境問題への取り組みが直接的ではなく、設備などに投資する間接的な取り組みになっていると批判した。鳩山首相が2020年までに温室効果ガスを1990年比で25パーセント削減すると表明したことを賞賛し、これが環境問題に対して本来あるべき姿ではないかと自らの意見を展開した。

2009 12 eigokenn.JPG
大森さんは河川の汚染防止を強く訴えた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.